ほとけさま

ご本尊 阿弥陀如来

十一面観世音菩薩

「曽根崎心中」の主人公、お初もお参りした観音さま。繊細な宝冠をまとうなごやかなお顔立ちと優美なお姿に、自然と手をあわせたくなります。

誓安寺は「大坂三十三観音廻り」の第十五番札所で、今でも多くの方がお参りされています。
観音堂と華やかな厨子も、近松の時代そのままの姿です。

観音堂には西国三十三所観音霊場の歴史ある観音さまがたや聖観世音菩薩(しょうかんぜおんぼさつ)さまもいらっしゃいます。

不動明王

商売繁盛に霊験あらたかとお慕いする人々が絶えない不動明王さま。左右に制吒迦童子(せいたかどうじ)と矜羯羅童子(こんがらどうじ)を従えています。

阿弥陀さまをお護りする江戸時代のドラマティックな意匠の本堂(一般非公開)や境内の様子は、こちらからもご覧いただけます。

目次