近松門左衛門

安土桃山時代に開山した誓安寺は、近松門左衛門の名作「曽根崎心中」にも登場します。
(トップ画像:「牟芸古雅志」国立国会図書館蔵)

目次

「曽根崎心中」のあらすじ

大坂三十三観音廻りをしていた人気の遊女お初は、醤油店平野屋の手代で恋人の徳兵衛と偶然出会います。徳兵衛が最近逢いに来てくれないことを寂しがるお初。じつは徳兵衛には、深い事情がありました。

二人は夫婦になろうと考えていました。しかし徳兵衛の叔父でもある平野屋の主人は徳兵衛の人柄を見込み、自分の妻の親戚との縁談を勝手に進め、徳兵衛の継母に結納金を渡していたのです。

お初と夫婦になりたい徳兵衛は驚きました。縁談を断られた主人は怒り、結納金の返却と徳兵衛の解雇を命じます。

徳兵衛は強欲な継母が受け取った結納金を苦心の末取り返し、主人に返そうとします。そこへ徳兵衛の親友、九平治が現れ、泣きつかれた徳兵衛は主人に返すはずの結納金を貸しました。ところが、九平治はお金を徳兵衛からだまし取るつもりだったのです。

九平治は借りた金をだまし取り、あげくに嘘つきだと、徳兵衛を大勢の人の前で打ち据えました。友人たちにぬれぎぬを着せられ、主人のお金も返せなくなった徳兵衛。遊女として自由のない毎日を送るお初。八方ふさがりになった二人は死を選ぶのです。

「曽根崎心中」は1703年に実際に起きた心中事件をベースにしています。事件のわずか1ヶ月後に上演され、大当たりをとりました。

大坂三十三観音廻り

お初もお参りした観音さま

「曾根崎心中」の冒頭、お初がまわっていた「観音廻り(かんのんめぐり)」は、江戸時代に大ブームとなった「大坂三十三観音廻り」のことです。

もともと三十三ヶ所廻りは、養老2年(718)に大和長谷寺の開山徳道上人が三十三の観音霊場、のちの「西国三十三所巡礼」を開かれたことが歴史の始まりです。「西国三十三所巡礼」は、いまの2府5県、総距離が1,000kmにもおよぶ大移動。徒歩移動がほとんどの当時の人々にとって、一生に一度行けるかどうかの大決断でした。

いっぽう「大坂三十三観音廻り」は当時の三十三ヶ所が、すべて今でいう大阪環状線の中。一日でも回れる距離だったこと、回ることで西国三十三所全てを回るのと同じご利益があるとされたことから、江戸時代を通じて大変人気のある寺社巡りだったのです。

観客の毎日と同じように世間や周囲に翻弄され、無残な最後を選んでしまうお初や徳兵衛。救いのないように思える物語の最初にだれもが知る観音廻りを紹介することで、近松は観音さまの広大な慈悲の心やお初、徳兵衛のつらい気持ちを、よりいっそう真に迫って観客に感じさせたかったのかもしれません。

時は過ぎ、本来丸一日かけて一つの話を上演していた人形浄瑠璃は戦後、ダイジェスト形式で上演されるようになっていました。「観音廻り」も省略されていましたが、近年では原作の意図が再注目され、通しで上演される機会も増えています。

作中に登場する誓安寺

左ページ、2行目に「せいあんじ」の字が見えます
浄瑠璃本「曽根崎心中 付観音廻り」
(大阪府立中之島図書館蔵)

誓安寺の名前は「曽根崎心中」の「観音廻り(かんのんめぐり)」に登場します。

現在の大阪市北区にある一番札所太融寺から順に南へ下った、十五番札所が誓安寺です。このあたりは「曾根崎心中」の時代より前から「寺町」の名前どおり、お寺が立ち並ぶ街でした。

「曽根崎心中」のお初もお参りした十一面観音さまは、現在も当時とおなじ観音堂にいらっしゃいます。厳しい時代を乗り越えた大変貴重な観音さまとして「大坂三十三観音廻り」の札所としてはもちろん、毎日お参りされるかたがいらっしゃるほど、今も篤い信仰をあつめています。

「むかしより たつともしらぬいまぐまの ほとけのちかひあらた なりけり」

目次